おもちゃ:私があなたにあげたもの5、スクイッシュとルーピング

ボーネルンドの財布の紐緩くなる呪いがすごすぎて、ポイントカードもあっという間にいっぱいになります。子どもができるまで、自分がこんなに貢ぎ体質だとは気づきませんでした。


ルーピング.JPG

ということで、ボーネルンドのルーピング(左)とスクイッシュ(右)です。


昔からあったのでしょうが、妙に最近よく目にするようになったルーピング。ビーズコースターという商品名のところもあります。なんでも口に入れてしまう赤ちゃんなので、どうしても小さ目のものは片づけてしまいます。すると、小さいものを手にする機会がすごく少なくなってしまいます。そこでループに通されたビーズなら、飲み込むこともないから遊び放題。夢中になって・・・食べようとします!このいやしんぼ><



指を使ってごにょごにょとループを行ったり来たりさせるのは月齢があがってからのようです。ボーネルンドなら年齢に応じて、ウーギー、スクィード、フリズル、ファニーなど複雑さが違うルーピングが用意されています。こちらも財布をもってスタンバイ。対象年齢が6か月からとなっているウーギー、スクィードに関しては、底に吸盤がついているので安心です。






吸盤がついていないタイプは、1歳からとなっています。ちなみに、うちは3か月からフリズルを与えていましたが、危ないです!吸盤がついていないので、本体ごと持ち上げてビーズどころかループ部分や木の土台を食べまくっています。重さがあるので頭にゴチゴチあてながら。お座りができるようにった5か月ごろからは、お座りから転がって硬いループ部分で頭もぶつけます。結構危険。年齢にあったおもちゃを与え、かつ、目を離さないようにすることをおすすめいたします。




色がカラフルで土台が木も雰囲気がいいので、インテリアにもなりそうだと産まれる前に買ってしまいました。もっと巨大なのは汽車やチャンピオンなどがありますが、それぞれ2歳から3歳からとなっています。






デパートのキッズコーナーやちょっとした待合室などにも大きめのルーピングが置いてありますが、置いてあるって気づくのは子どもがいるからでしょうか。妊娠中は街での妊婦さん遭遇率がやたら高いと感じましたが、産んだら妊婦が減ったように感じます。この現象に名前はあるのかな?




さて、ルーピングに関しての感想は、ボーネルンドのものじゃなくてもいい、です。デザイン性でいえばもちろん大人っぽくて素敵なのですが、ベネッセの通信教育(こどもちゃれんじBaby)で送られてきた(安っぽい)ルーピングのほうが子どもは興味を示していました。


benesse.png

ボーネルンドのものはビーズはすべて木製で統一されていて、その統一感故にインテリアにもなっちゃうぜの流れがあるのですが、こどもちゃれんじBabyの方はハチやトリや透明なビーズ、星形や金属製のリングと質感の違うものがループに通されているので、その質感の違いが子どもの心をわしづかみにするようです。品行方正なお嬢さまより、下町育ちのキッチュな彼女のほうが、遊ぶには楽しいぜ!みたいな。




もっともっといろんな質感がほしいですね。なお、ルーピングが危ないのは大人もです。床に置きっぱなしにすると、足に絡んで転倒します(しました)。やわらかいおもちゃばかりで油断していると、ループ部分に足をとられてしまうのです。硬くて痛い。草を結んで転ばせる故事を思い出しました。


さて、次はスクイッシュ。アメリカのマンハッタントーイ社のデザインのもので、木の棒とビーズがゴム紐で複雑に組み合わされています。踏んでもぐにゃっとつぶれて元通り。棒にささって木のビーズがかすかにカラカラと音を出してくれて心地いいです。ただ、楽器というほどには音はでません。



スタイリッシュなので店頭でも目を引くのですが、ネットで調べると、パステルカラーやもっとスタイリッシュなカラーがあるようです。
財布さん「用意できてまっせw」



原子の模型みたいですね。スクイッシュについては、歯がための要素が強いので、舐めまくったら洗ってあげてください。中古もたくさんでていますが、舐めまくっていることを考えたら・・・。


まとめ:ルーピングは危ないので出産祝いなどにはおすすめしません。頭ゴチゴチやつまずきに注意。スクイッシュはビビッドな色のほうが興味を示してくれますが、インテリアとして流用するつもりなら、シンプルなカラーがおすすめです。


posted by ELISE at 2016/07/07 | Comment(0) | TrackBack(0) | TOY
COMMENTs about this article
your COMMENT
name

e-mail

your HP

comment

この記事へのTrackBack URL